宮前 和弥「技術力が問われる新規品の加工に果敢にチャレンジしたい。」

先輩のマンツーマン指導で
基本スキルを習得

高等専門学校でNC工作機械の操作実習があり、面白いなと感じていました。そのため、就職活動ではNC旋盤を使った精密加工で定評のある当社の工場を見学。素直に「すごい!ここで働きたい」と思ったことから入社を決めました。入社後は、希望通り製造部に配属になり、最初は先輩社員によるマンツーマンの指導のもと、基本的な業務スキルを習得することからスタート。高専時代にマシンの使い方を習っていたとはいえ、当社の精密加工はレベルが全然違いましたね。

ミクロン単位の精度を出すには、製造スタッフの技量が問われるのです。それでも、面倒見のいい先輩方のおかげで、機械加工に関するひと通りの業務知識・スキルを身に付けることができました。

失敗を糧として
成長していく手応えを実感

現在は、用途や形状の異なる製品を、様々な加工方法を考えてNC旋盤で加工していく仕事を担当しています。もちろん、図面通りにいかないこともあって、失敗することもあります。気づくのが遅れ、日単位で不良品を出してしまったときは、さすがに焦りました。でも、わからないことを先輩に聞きながらですが、既存の製品に関してはかなり任せてもらえるようになり、成長の手応えを感じています。

今後の目標としては、新規品の機械加工をプログラミングから一人でできるようになること。新規品では、最適な加工方法をイチから考えなければならず、難しさがグンとアップするのです。大変ですが、その分やりがいも大きく意欲的にチャレンジしていきたいと思っています。

- 小鹿野の魅力 -

休日はアウトドアライフを満喫

アウトドア派の自分にとって小鹿野の最大の魅力は、やはり自然が豊かなこと。水道の水がおいしいことも自慢したいことのひとつで、飲料用にペットボトルの水を買う必要もありません。休みの日は、荒川の河原で友だちとバーベキューをしたり、サッカーなどスポーツをしたりとアウトドアライフを満喫しています。